2014年03月30日

目指せ起業家! 頑張れ企業家!

中小零細企業経営コンサルタントの後谷一司です。
今日は、セブンイレブンを例にとり「徹底」という言葉についてお話をしたいと思います。
私は、セブンイレブンの回し者でもないし、お金も貰っていません(^^)/
私の住む三重県津市にもここ数年セブン-イレブンが出店してきています。やっと三重県内もドミンナト方式で三重県の真ん中辺りまで10数店舗開店致しました。
ご存知のように全国で16300店舗を構えるコンビニエンスストアで1日1店舗あたり約60万円の売上があり、一方、ローソンやファミリーマートなど2位以下のコンビニエンスストアはというと大体50万円くらいの売上です。つまり、毎日2割も売上が違ってくるわけです。
どこが違うのでしょうか。実は「徹底」の差なのです。
セブンイレブン・ジャパン会長の鈴木敏文氏の「商売の原点」の冒頭で「基本四原則を徹底する」の中で品ぞろえ、鮮度管理、クリンリネス(清潔)、フレンドリーサービス、これが私どものサービスにおける基本四原則です。と書いてあります。
この基本四原則は、コンビニ業界で成功するための要素であり、他の会社も百も千も承知だと思います。他のコンビニエンスストアもセブンイレブンと同じことをしているでしょう。
それなのに売上は毎日2割の違いがあり、どこが違うのでしょうか、「徹底」の度合です。それの毎日の積み重ねです。同じようなことを他の店もやっているかもしれませんが「同じこと」と「同じようなこと」とは違うような気がします。それが「徹底」の差です。それを従業員がやるかどうかです。
店の清潔感を一つ取っても例えばコンビニの前には灰皿がありますが、汚れていると店長がすぐに飛んでいって綺麗にしています。お店の前もいつも綺麗にしています。
ある日、ライバル店の社長が、テレビ番組で「セブンイレブンのお店の前はいつも綺麗だ。うちの店と違う。灰皿の清潔感が違う」とコメントしていました。また、セブンイレブンの店員には茶髪の濃い人もいないようです。
そういったちょっとしたことにお客様は敏感で、そのちょっとしたことの差が大きな結果の差になります。専門家が言うには、品切れが少ないのも特徴です。40年の歴史があり、しかもご存知のようにPOSシステムが導入されているので、統計的に完璧のデータがあり、○月○日の気温が△の時に、どの商品がどれだけ売れるかが統計的にわかるはずですね。どこのコンビニでもしていると思いますが?!どんな経営者でも、自社の売上は知っていますが、「売り逃し」は知りません。経営者として店長として大事なことは、売り逃しをいかに無くすかということです。そのための品揃えが重要です。売れ筋商品をどれだけ揃えておくかで勝負は決まります。近隣の情報やお天気の状況を見極めて発注能力が必要です。
おそらくその能力がセブンイレブンの店長と他のチェーンの店長とは平均値で違うと思います。勿論、他のチェーンの店の中にも優れた店長はいるでしょう。
しかし、セブンイレブンは総合力で優れているから、全体の売上が1店舗で毎日2割も違うという結果です。一度コンビニに行かれたときに店ごとの違いなど自由研究されると思います。
今日の学びは、「凡時徹底」でしょうか!
posted by jst-corporation at 14:37| Comment(0) | 日記

2014年03月21日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

早いもので3月も下旬となり、消費税増税も目の前に迫っています。
経費節減、在庫節減、効率重視という方針の一つとして中小零細企業経営者は、打ち出すと思いますが、それをしたら百年目、必ず売上、利益減少となる確率が大きいです。
特に従業員が10人以上で経理担当者がいる企業は、この経理担当者が大ハッスルします。
経理という人種は、売上・利益増大、収益性増大や宣伝広告費、交通費・宿泊費の役割には音痴です。理解できるのは費用だけです。費用は少なければ少ないほうが良いと思っています。
兎に角、鬼の首を取ったようにハッスルし、直ちに資料を作り社長に報告し、もっと費用を節減しないと利益がでないと会議等でのたまい、社長もこれに乗る。販売活動、サービスに支障をきたし、雰囲気も暗くなり息も詰まってしまいます。
以前、私が所属していた婦人服のチェーン店(東海地方を中心に30店舗程の規模)で当時、社長が在庫節減を打ち出し、おまけに当時の経理部長に「お前が良く見てやれ!」ととんでもない権限を与えてしまった、時期が当然売れる春先でしたが、仕入れが思うにまかせず、陳列する商品が激減し、当然のこととして売上減少で追加で売れ筋を発注しようとしても経理部長がダメだといい。
理由は在庫金額が目標値にまで達していないからだと言うのである。経理部長の目標は、会社全体の在庫であり、店舗ごとではなく、在庫は店舗のデットストックや新規店用の在庫のためで売れる店やこれから売ろうとしている商品が不足し、とうとう、社長の弟であり店舗運営本部長の専務が社長に意見を言い事なきを得た経緯がありました。
小売店の在庫と言うものは回転率で押さえるのではない。
在庫は売れ筋と死に筋と言う分類で、売れ筋は陳列数の増加を行い機会ロスを減らし、アイテムを増加させ売り場の活性化を行い、死に筋は、早く安くし処分するなり返品せることです。
事業経営は、当社・当店の商品・サービスをお客様に提供し代金を戴くことにより成り立ちます。
したがって、経営の対象は内部管理ではなくお各様であり、何のための経費削減かを考える必要がある。無駄は確かにいけませんが度を越えた削減も問題です。
以前お邪魔した会社では、お昼休み休憩室で消灯して昼ごはんを食べていたのを見たので電気をつけてもらい、社長に意見を申したことがありました。
一人の若い女性が「テンション下がる」と言い、営業の30代の男性も「なんか情けない、囚人みたいだ!」と言ったのを聞いたのでこれはまずいと思い行動にでてしまいました。
電気を点けてから皆、昼休みをエンジョイしてました。めでたし、めでたし(^^)/

posted by jst-corporation at 14:45| Comment(0) | 日記

2014年03月15日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

独立して起業する時に誰でも出来そうな感じでやって見ようとするのがフランチャイズです。
コンビニ、飲食業、健康食品、掃除関係、修理屋、レンタル業多岐に亘りますね。
しかし、落とし穴があります。フランチャイズは、脱サラや定年退職など、商売のノウハウや仕入ルートがなくても手軽に起業できるシステムと言われています。しかし、フランチャイズのノウハウや商品構成は、大都市での販売を基準とそている場合もありますので要注意です。
地域性などを勘案しながら自分独自のノウハウを培うことも大事です。
加入者を食い物にする悪質なフランチャイズもあるようだが、本来フランチャイズの本部は、各チエーン店の発展、商売繁盛によって自らの利益を生む構造になっている。
自分たちの都合の良いことだけを押し付ける場合もあります。その時如何にも儲かるような話をしてきますので丸投げせずに自分の意思をしっかりと持ち良く考えてください。
しかしながら、事業戦略には正解があるわけではなく、経営者の性格や力量、地域特性なども考慮していかなければいけない。本部に従っていれば成功するわけではない。
一度、フランチャイズに挑戦しようとしている皆さん、フランチャイズに加入しているお店の経営者とお会いして色々と情報交換や本音の部分をお聞きしてからでも遅くないと思います。
商売経験のない人がオーナーとなって店舗運営して人を雇い、売上・利益を出すことは、簡単なものではありませんので良く考えてからでも遅くないと思います。
posted by jst-corporation at 22:26| Comment(0) | 日記