2014年03月11日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

私の顧客、知り合いには、起業したての個人事業主、社員数人の小規模企業の社長、社員50人の中小企業の社長、社員100人以上の社長も見えます。
会社が成長する段階で、社長の個人事業的な経営から組織運営を重視した経営への転換時期は、必ずやってきます。企業の創業時期は決断力と行動力が命であり、一方的な命令系統の組織のほうが上手くいくケースも多い。やがて企業の成長に伴い、幹部の責任が必要となる。責任と権限を上手く委譲し、社員のやる気を上手に引き出すことが大切です。各役職の職務分掌を作成し、社員に求める業務と成果を役職ごとに明確にし。業務をこなすための能力やコンピテンシーを明瞭化して評価基準も各々の業務の重要度や達成度によって評価し、自分が何を頑張れば給与が増えたり上の役職に就けるかを理解させると良いのではないかと思います。
そして社内の雰囲気が明るく活気がある会社は総じて業績が良い。逆に社長が社員に対して不満を口にし、社員が社長を悪く言う会社は相互の信頼関係がなく業績を悪化させている場合が多く見られます。あと「会社の雰囲気が以前と変わった」「退職者が続いている」「業績が硬直化してきた」「マンネリ化してきた」などの現象が出てきたら、一度人材育成の方法と組織自体を見直す必要がある。
社員がやる気を持って、積極的にまた自主的に会社の業績に携わっている活力のある組織が構築できれば、ビジネスチャンスが大幅に拡大することが可能です。
一般社員、OLの皆さん、管理職の皆さんも一度自分の会社をチェックしてみるのも良いかもしれませんね!
posted by jst-corporation at 21:25| Comment(0) | 日記

2014年03月06日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

今日は、少し嗜好を変え、仕事の出来ない人の言い訳を載せたいと思います。
「言い訳」ワースト7を述べてゆきたいと思います。私も社会人経験30年近くなりますが、文書を作りながら反省にはいりそうです(^^)/
皆さんも当てはまることが多いと思いますし、部下をお持ちの方、子供をお持ちの方にも参考になれば良いと思いますが、実は一番は、私たち自身かもしれませんね!
体験上、色んな方からお聞きしたことで、言い訳ワースト7。
1.そんなこと知りませんでした。知らなかった、の一言でかたづける一番卑怯の言葉である。
2.聞いていませんでした。1と同じです。本当のところは「知っていた」「聞いていた」というケースが多い。仕事で指示する際、メモを取らせ復唱させること。その場を切り抜ける為に常用するのが1と2である。
3.自分は努力しています。努力しているなら結果を出すこと。結果が出ないなら努力の仕方に間違いがある。
4.私としてはやっているともりです。「つもり」ではダメ。仕事に関しては、「つもり」は通用しない。「食事したつもり」でお腹がいっぱいにはならない。
5.忙しくてできませんでした。この言い訳も私も時々使った。これは、免罪符と思い、多くの人が使うが、上司は、仕事の優先順位を指示し報告・連絡を徹底させることです。
6.忘れていました。これも良く使うが仕事の言い訳には、ならない。子供も良く使う「宿題忘れていた」
7.今からやる予定でした。これもしょちゅう聞く。言われてからやるようでは一人前とは言えない、仕事で大事なことは納期を守ることです。
だいたい言い訳上手の人には、3つの共通点があります。
一、バカではない、けっこう利口である。
二、優先順位を考えずに、自分のやりたいことや都合優先する。
三、とっさの言い訳を三つくらい持っていて、そのうち一つは、伝家の宝刀がある。
会社や組織で例えると言い訳を放置すると緩んでくるので要注意です。
会社なら経営が緩み傾いてくる。そこを直さないと儲かる会社にはならないのである。
posted by jst-corporation at 22:02| Comment(0) | 日記

2014年03月04日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

中小零細企業の社長は、毎日一定の社員としか付き合わない。その限られた人数の社員・パートとの相性が悪ければ、楽しい日常業務などできるものではない。毎日、神経を逆なでにされるような気持ちで仕事をしなければならなくなる。中小零細企業の場合は、社長の「やる気」と「意欲」で多くのことが改善されていく。意欲をそそぐような相性の悪い社員・パートを採用すること自体、社長の大きな失敗である。いろいろな意見があり、いろいろな考え方があるのは当然である。
そかし一つの組織として仕事をするからには、心底、心から信頼できる人間同士の集まりにしたいもですね。5人、10人、20人の会社でも、そういう組織は、強力です。
多くのビジネス書ひは、「いろいろな性格の人間を使いこなしていくのが、社長の仕事だ」と書いてある。「いろいろなタイプの人間がいた方が会社は伸びる。」とも書いてある。正論である。
人事異動が頻繁にある大企業であれば、そのとうりだろう。
しかし、固定したメンバーである程度長い間やっていく中小零細企業では、「その逆もまた真なり」です。株式上場を目指す従業員100人以上の会社ならあてはまらないと思います。
相性があう人間は、お互いにフォローしあえるし、無理も聞いてくれるし、文句を言ったり、提案したりするのがスムーズにいきます。
極言を言えば、中小零細業の社長は、自分の性格をよく見て、相性があわない社員には辞めてもらった方がいい。
それがお互いのためです。そもそも、相性があわない人間を使って気苦労するために起業したわけではないです。 
posted by jst-corporation at 22:16| Comment(0) | 日記