2014年03月01日

目指せ起業家!頑張れ企業家! 

先週との兼ね合いで、商売、経営をしていると必ずお客様と接することになりますね。
電話を受ける、訪問して名刺、パンフレットを渡し、商談をし、注文をもらう、商品を発送する。
入店していただき、接客をしたり、食べ物を提供したりします。お客様と直接会わない通信販売でも電話、FAX、電子メールでやり取りします。どんな商売でも必ずお客様と直接コミュニケーションするわけです。
当たり前のことですが、お客様との接し方を間違えると、いくら良い商品でも売れません。
一度は売れても対応がまずければリピートはないと思います。
皆様も「二度とあんな店いくか!」「あそこの会社は、金輪際利用しない!」のご経験はあると思います。こういう悪い事は、人は多くの人にしゃべります。評判を落とす事は、絶対にしてはいけませんね!
商売・経営を成功させるためには、お客様とのコミュニケーションが上手くいく仕組みをキチンと作る必要があります。これを「顧客維持の戦略」と呼びます。
前から言ってましたが、経営には粗利益が不可欠で、お客様からお金を貰った時にしか発生しません。要は、商売・経営とは、少しでも多くのお客様を作り、多くすることです。
でも、どの業界でも多くの競争相手がいます。売上を作りたくてもあなたのお店・会社が競争相手よりも商品力や営業力で劣っていたり、対応やサービスが悪かったりしたら購入してもらえないでしょう。対応・サービスが悪いと最悪でしょう!
今の時代は多くの業界が成熟期に入っていて、商品力にはあまり差がありません。
商品力で突出できない、営業エリア、お店も変えられない。客層も営業・販売方法も他店・他社と大差がなければ、あとは顧客とのコミュニケーションの仕方、サービスで差別化するしかありません。
あとは、自分がお客様ならばどんな営業・接客やサービスをして欲しいか、どんな対応が心地が良いかを考えると自ずとやることが見えますね。
今だからこそ基本を大事にして頂きたいと願う次第であります。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。       感謝。
posted by jst-corporation at 15:45| Comment(0) | 日記