2014年03月15日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

独立して起業する時に誰でも出来そうな感じでやって見ようとするのがフランチャイズです。
コンビニ、飲食業、健康食品、掃除関係、修理屋、レンタル業多岐に亘りますね。
しかし、落とし穴があります。フランチャイズは、脱サラや定年退職など、商売のノウハウや仕入ルートがなくても手軽に起業できるシステムと言われています。しかし、フランチャイズのノウハウや商品構成は、大都市での販売を基準とそている場合もありますので要注意です。
地域性などを勘案しながら自分独自のノウハウを培うことも大事です。
加入者を食い物にする悪質なフランチャイズもあるようだが、本来フランチャイズの本部は、各チエーン店の発展、商売繁盛によって自らの利益を生む構造になっている。
自分たちの都合の良いことだけを押し付ける場合もあります。その時如何にも儲かるような話をしてきますので丸投げせずに自分の意思をしっかりと持ち良く考えてください。
しかしながら、事業戦略には正解があるわけではなく、経営者の性格や力量、地域特性なども考慮していかなければいけない。本部に従っていれば成功するわけではない。
一度、フランチャイズに挑戦しようとしている皆さん、フランチャイズに加入しているお店の経営者とお会いして色々と情報交換や本音の部分をお聞きしてからでも遅くないと思います。
商売経験のない人がオーナーとなって店舗運営して人を雇い、売上・利益を出すことは、簡単なものではありませんので良く考えてからでも遅くないと思います。
posted by jst-corporation at 22:26| Comment(0) | 日記