2014年04月20日

目指せ起業家!頑張れ起業家!

中小零細企業経営コンサルタントの後谷一司です。今日は、企業家、起業を目指す方だけではなく管理職、社員、パートの皆さんにも参考になる話をしたいと思います。
倒産に至る前に色々な危険信号が点滅します。いきなり倒産するという事はありませんので次のような兆候が必ず出てくるので参考にしてみてください。
・業績が年々ダウン・客数が減る・社員、パートの遅刻、欠勤が増え、仕事中元気がない・反抗的態度、投げやりな姿勢、無関心の人が目に付く・お客様、得意先からのクレームが多くなる・社員、パートがあちこちで集まり密談をする・会社や店の中の整理整頓が雑になる・会議をしても無気力な会議に終始する・経理の人の顔色がさえない・仕事がスムーズにいかない、やりぱっなし・指示された仕事も出来ないし決まりごとも守らない・商品の返品が多い・社長の行き先がわからず不在がち(金策に走る)このようなマイナスの要因がある。 
会社には波動があり異常は異常を呼びミスはミスを呼び、怠慢は怠慢を呼ぶ。恐ろしいのは、「負の波動」の伝播であり、小さな「負」が大きな「負」を呼び込みます。
先程の要因即ち「負」の波動を調べそれを断ち切る。経営者、管理職の皆様は早期発見し対応策を練ることが非常に大事です。逆のプラスの波動を打ち込むのも経営であると思います。   
posted by jst-corporation at 06:10| Comment(0) | 日記

2014年04月19日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

中小零細企業経営コンサルタントの後谷一司です。
今日は売上・利益を上げる意外なポイントをお教えします。「お客様に聞く」これほどされていなくて、これほど大切なことはないと思います。
その理由は、1.お客様が答えを教えてくれます。2.それに合わせて対応すれば間違いが少ない。
3.お客様が教育してくださる。昔のリクルートの急成長の理由の一つがこれで人手が足りなくアルバイトの営業マンが原稿を作る時、素直にお客様に聞いて、どのような原稿にすればいいのかとか業界事情を教えてもらえ勉強になったのです。自社・自店がどうしたいより、お客様は何が欲しいか?
を考えることが大切です。何故ならお客様が価値を認めお金を払う、それが売上になるからです。
お客様の「欲しい」に答えることです。経営者自ら現場に出て、お客様に聞く、素直に聞くことをお勧めします。
何を聞くのか1.自分のところのいい点・改善点(クレーム・要望こそ宝の山です。)
2.購買理由・経路(何故買ってくれたのか?どう買ったのか?)お客様は時には、なんとなくなど理由にならない理由を言う時もあります。それでもいい、お客様に聞く習慣を持つことが大切です。
購買経路も大事です。看板、チラシより、WEB経由の購入が増えているようならWEB広告の量を増やすなど、会社の戦略を変更することになる考え方は全て「お客様」からです。
勘違いしないで欲しいのは戦略があるから会社・お店が成り立つのではなく、お客様がいるから成り立つのです。
自分たちのエゴを捨て、お客様に合わせること。これこそが、最も簡単で効率の良い、最高の戦略なのです。ご参考になれば幸いです。 
posted by jst-corporation at 22:12| Comment(0) | 日記

2014年04月11日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

中小零細企業経営コンサルタントの後谷一司です。数年前ある人が雑貨屋をやりたい。お客様が沢山来店するためにはどうしたら良いかと私に相談してきて、論点を一つにして話をした内容を書きたいと思います。目の前の1人のお客様を感動させるということです。
お店がオープンしました。1日目に1人のお客様が来て1000円のお買い上げがありました。
その時、商品をとても気に入り、一生懸命に接客した甲斐がありとても感動して帰りました。
ここで大切なことは、1日目に何人が来店したか、売上はいくらかではなく、来店されたお客様がどのような気持ちでお帰りになったかということです。
感動した人は黙っていることが出来ずに、周りの人にその感動を伝えます。企業の価値を最も客観的に伝えるのがお客様です。翌日、そのお客様が友人を誘って2人で来店し、さらには3日目と昨日のお客様が友人を誘い、口コミで近所の人や色んな人が来店するようになります。
目の前のお客様の後には、数十人〜数百人いると考えることも出来ます。あくまでも理論上ですが、しかし1人のお客様を大切にして、小さな積み重ねが信じられないほど大きな成果につながります。あのエルメスも最初は閑古鳥でしたが、初めてのお客様には、丁寧に商品をオレンジ色の包装紙をラッピングして感謝の気持ちで送り出したそうです。この感動を忘れないためにもオレンジ色の包装紙を使っています。仕事は、どれだけ一つのことを丁寧に、感謝の気持ちで取り組むことが大切です。(特に小売・サービス業関係)
人生最高の笑顔と顔で接客したり、一球入魂の高校球児に負けないような爽やかさで仕事をする。
舞台に立つ女優のように人にサービスをする。
事業に取り組むということは、人生を賭けていく事と同じです。
あとは、人生においても仕事においても1日だけ努力しても何も変わらない、しかし毎日すると全てが変わる。
相談した方は、今独立してセラピストのような仕事をしていると風の噂で聞きました。
頑張って欲しいものですね。
posted by jst-corporation at 15:53| Comment(0) | 日記