2014年05月27日

目指せ起業家!頑張れ企業家!

中小零細企業の経営コンサルタントの後谷一司です。
今日のテーマとしては経営はコミュニケーションに責任を持つということです。それは、「伝えたいことを伝わる方法で100%伝える」という責任がありますが、これが簡単のようでなかなか実行できないのが現実ですね。
私も以前、事業部長として会議にて管理職、店長と打ち合わせをし、翌週ある店長達のの発表を聞いていると私の伝えたかったことと全く違うことを話していたので何かショックを受けた経験がありました。私もそうですが、人はそれぞれ自分の都合のいい部分を聞き取り、肝心なことを聞き流してしまうケースが多だあります。だから、コミュニケーションは難しい。
まして、相手が個人の場合も同様だと思います。
自分も相手も人間であり感情を持っています。つい、相手の顔色を伺い伝えるべきことを充分に伝えないこともままあります。良く思われたい。いい上司面したい、物分かりの良い経営者でありたい、しかしこれは浅はかです。伝えたいことをしっかりと伝えることが一番大事なことです。
特に仕事、経営では、話しかけることであり問いかけることであり確認することです。
そしてご存知のとおり報告・連絡・相談即ちホウレンソウ。これは、組織の中の血管です。
簡単のようですが、これは難しい。忙しいと抜けたり、彼なら大丈夫だろうとタカを括ると大変な目にあいます。私もそうですが、皆さん、一度や二度の経験はおありでしょう。
「仕事のミスの99%は、ホウレンソウと言われる確認で防げると思います。」
皆さん、実践できるところから始めてみましょう。

posted by jst-corporation at 17:31| Comment(0) | 日記