2016年07月08日

これを「集団志向の罠」と呼びます。

先日、イギリスでEU脱退を巡って国民投票が行われました。
結果はご存知のように6月23日に行われた国民投票で、イギリスのEU離脱への支持が残留を上回って以降、イギリスの動向はこれまで以上に世界中の注目を集める状況になっています。
イギリスのEU離脱はギリシャ危機の時に造語としてGrexit(Greece + exit)と言うのにちなんで今回はBregret(Britain + exit)と言われるようになりました。
離脱決定後の現在はregret(後悔)をつけて『Bregret』『Regrexit』と言われるようになりました。
イギリスは現在もポンドを使用して人の行き来にもある程度制限をしてきています。
最近、同じようなことがウクライナでもありました。
ウクライナではEU加盟派のクーデターで親米政権が誕生した後に、ロシアはインド洋/中東拠点の
クリミア半島セヴァストポリ黒海艦隊基地を失いました。その後ロシアの後押しで住民投票が行われクリミアをロシアに併合し、黒海艦隊基地を取り戻したのです。これがもとで西側メディア、西側諸国はロシア叩きをおこない今も経済制裁やG8除名が続いているのが現状です。

意外と民主主義的に見えて「みんなで決めよう」で意図的な結果が導き出されたり、ダメになる事例は経営にも少なくありません。社会心理学者のストーナーは「人は集団になると、話し合いの結果が極端に安全か、極端に危険あるいは過激な方向に向かうこと」を実験で証明しています。
イギリスでの国民投票の結果はまさにメディアに「EU存続のデメリットが繰り返しキャンペーン」された事による結果だとすれば、そもそも「国民投票で正しいイギリスの国益を守るための決定」ができるのかと言う疑問が残ります。そもそもイギリスは議会制政治を発明した国です。
国民が選挙で選んだ政治家が国民の意思を政治に届けるのが仕組みとなっているはず。
今回の国民投票はまさにこの議会を軽視した結果の結末かもしれませんね。

会社でも大切な決定事項を「みんなで話し合って決めよう!」と言うやり方が、結果的にまったく方向性の間違っているものになることがよくあります。

これを「集団志向の罠」と呼びます。

アップルの創業者のスティーブ・ジョブス氏は決して合議制で革命的なものを生み出してきたわけではありません。飛び抜けた商品や飛び抜けたサービスは「たった一人の情熱」や「思い入れ」で出来上がっている場合の方が多いのではないでしょうか。

「みんなはこう言うが、私はあえて○○したい!」と言う情熱が大切です。
→これは欲求のよい意味での必然(こだわり)であり、執着とは違うことをご理解ください。

「たくさんの人がかかわると良いものができる≒良い結果が生まれる」と言う幻想に振り回されないようにして頂きたい。
posted by jst-corporation at 17:32| Comment(0) | 日記

2016年06月03日

目指せ起業! 頑張れ中小零細企業!!

小さな会社は、経営力の弱い弱者です。
弱きが強きに勝つためには、孫子の兵法にある「勝ちやすきに勝つ」の
教訓を応用して目標を決めなくてはいけません。
それでは、地域における「勝ちやすき」とは何に当たるのでしょうか。

勝ちやすい地域とは「海・山・川」で分断されて独立性が高く、
市場規模が小さい地域になります。

「離島・半島・港町・川べり・山すそ」がそれに当たり、
これを「郡部型の一騎打戦的地域」と呼んでいいます。
郡部の利点は

1、強い競争相手が少ないこと
2、新規開拓が続けやすこと

の2点です。
郡部型は競争相手、とくに大きな会社が入ってきませんから、「弱者の戦略」で
戦うことができます。
たとえば、飲食業の場合、競争相手がいない無店舗地域に出店すると、
大儲けはしないが大損もしないので、決して悪くはないのです。

また、地域の人は、気に入ってくれると継続的に来店してくれる人が多いですから
これもプラスの要因になるでしょう。

大分市に本社があるKホテルは、ホテルが1社もない郡部型地域に
「エレベーターなし、レストランなし」のローコストホテルを建設し、
低価格でお客に提供するホテルを数カ所に出して成功しています。

損害保険や税理士、それに自動車整備工場など、どちらかというと
スモールビジネス型の業種に、市場占有率1位の会社がとても多く見られます。
地方にある信用金庫は、メガバンクや地方銀行と比べると資金量がケタ違いに
少ないので、金融業界から見れば弱者の立場にあたります。その信用金庫で、
特別に強くて業績が良いところはやはり郡部に多く、人口の多い大都市では
ほとんど少なくなってきているのが何よりの証拠になるでしょう。

しかし、人口の多い都市でも「弱者の戦略」をもとに地域戦略を立てることができます。
大都市の場合でも「山、川、鉄道、高速道路、国道、工場、学校」などで地域が
分断され、独立性が高くなっているところを重視すべきです。
こういう地域は中心地の周辺部に多くあり、

これを都市型の一騎打戦的地域」と呼んでいます。
都市型の一騎打戦的地域は、市の中心部にある会社から見るととても
行きにくいため営業が手薄になることから営業力が弱い会社でも強い地盤が
作りやすくなります。

たとえば、住宅リフォームなどがそれに当たります。また、小型のスーパーで
繁盛している店舗は「都市型の一騎打戦的地域」が多くなっています。
郊外に大型店がある場合、その近くに150坪くらいの店を出し、級外品の野菜を
3〜5割安く売る「小判ザメ商法」もあります。
居酒屋や焼き鳥屋などの飲食業の場合も同様に、市の中心部でも場末の地域よりも、
むしろ都市型の一騎打戦的地域を選ぶほうが有利な時もあります。
posted by jst-corporation at 12:13| Comment(0) | 日記

2016年04月17日

目指せ起業! 頑張れ小さな会社の経営者!

熊本地震に被災された皆様には、慎んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心より願っています。
従業員20名ほどの小さな会社も組織ができ、社長以下部長、課長などの役職者が存在するようになる。
好況期と不況期も同じようにマネージメントすると経営は上手くいきません。
何故ならば、好況期や高度成長期は、組織が大きくなるので、部下に権限を移譲しないと、仕事が回っていかない。そして仕事を大きくしていくべきときに必要です。
しかし、不況期に入ると、権限移譲型の経営は破綻することが多いので大政奉還が適切。
課長が持っていた権限を部長に、部長の持っていた権限を役員に、役員の権限を社長に、というふうに権限を戻して大政奉還をさせて、もう一度締めなおさないと駄目なのです。
そして、トップにある者が、下の者の動きを克明につかみ、現場のほうを見て回るという対策をとらないとかぎり、乗り切ることはできません。
私も、以前、婦人服小売業の仕事に就いていた時に、5〜6店舗の統括部長の頃、新しいお店がオープンしたときは、最初の1ヶ月は、張り付いていて上司の常務が、全体を見て軌道に乗った時に元の仕事に戻りました。
良い時は、現場の店長に任せれますが、厳しい時には大政奉還です。
これから、不況期が続くので、倒産するところはいくらでも出てきます。甘さを排除して、もう1度、責任を負う体制、上にいくほど責任が重くなる体制を作り、その責任を背負ってこそ、多くの人を引っ張るリーダーである、という出発点を確認して欲しいのです。
経営が楽な時は下に降ろしても構わないですが、大変な時は上が責任を取る体制にし、不況期や舵取りが難しい時期を社長が中心となり、乗り切ることが大事です。
以上、好況期と不況期のマネージメントの違いです。
上手くいっている時とそうでない時のマネージメントの違いと考えても良いですし、会社組織だけでなく、非営利組織でも応用は効くと思いますので参考にしてください。

posted by jst-corporation at 12:33| Comment(0) | 日記