2016年03月16日

目指せ起業!頑張れ企業家!

【事業をもう一段成長させる!】
マインドとしては「大きな志を持つこと」「情熱を持つこと」、それからやはり、「行動力を持つこと」が中心です。
最初は、個人として率先垂範して、自分が部下を引っ張っていくかたちになります。
50人ぐらいまでの企業でしたら、ほとんどトップの力です。
それから先に行きますと、他の人を育てることを考えなければいけません。
「自分の分身をどうやってつくるか」ということが大事です。
それぞれの人が幾つか持っている長所を、一つずつでもいいので生かして仕事をしてもらい、それぞれがバラバラにならないよう、チームを作る必要があります。
つまり、最初はワンマン型でも、自分の分身を作りながら、それをチームにしていくことができれば、もう一段大きい組織になります。
あと、利益を上げるためには不要不急のものは高く売れるという考え方をする必要があります。
生活必需品は原則的に安くなっていきます。
一方、不要不急の、なくても構わないものを売ることができれば、それは高くなる傾向があります。
嗜好品が、そうだと思います。宝石・アクセサリー等は、値段があってないようなものですし、健康食品もその類いです。私の知り合いでも、お金がないと言いつつ、結構お金を使っています。
贅沢品、一本5000〜10000円する天然水もセレブだけでなく、私のような庶民でも一度はネタのひとつで購入したりします。
購買者を満足させれば、原価0円に近いものを、何万円で売れます。付加価値を作り出すことを前回のブログでも書きましたね!
あと、付加価値を上げて大儲けすれば、事業は大きくなりますね。
よそ様がしないこと、他の人が考えつかないことをやってみるのも良いかもしれないですね。
値打ち感が高まる商品・サービスをすることが大切ですね。

posted by jst-corporation at 10:24| Comment(0) | 日記

2016年02月28日

目指せ起業!頑張れ小さな会社の経営者!

今日は、最近50〜60代の皆さんと話をしていて、感じたことを書込みをしたいと思います。
私も54歳で気になりますので、少し起業を目指す人や小さな会社・お店のオーナーの皆さんのニーズと異なるかも知れませんが、少しでも為になれば幸いです。
年齢的に老後の気になる年代で、最近、週刊誌等で「下流老人」の言葉が賑わせていて、退職後の生活が悲惨であるということらしいです。私の知り合いでも、財閥系の企業や役所勤めの方と話をしていると、退職金が減るという話を数年前に聞いて、その時は減るのだという!感じでしたが、実際定年が目の前に迫ってくると不安のようです。62歳で今はパートで仕事をしていて、以前コンビニを15年ほどしていて、それ以前も知り合いと自営業をしていて、コンビニを一昨年閉店した方も年金が厚生年金ではなく国民年金ですので支給額が少ないのと一番下のお子さんが高校一年生女子であることでまだ色々な出費が重なるので大変だ。と話していましたし、零細企業の社長も、業績も悪くはないが、土地や建物も担保にはいり、個人の貯金も自分の為に自由に使えないと将来に対して不安があり、少しの資金で何か資産形成でお金が確実に増えるものはないか?!と相談されました。
私も、子供達は、独立して所帯を持っていますが、夫婦2人でも確かに不安と言えば不安ですね。(本当は思ってはいけませんが(^^)/)
株、FXの投資は、ある程度の金額がいるし、実際に素人に難しいと聞いていますし、定期預金にしても、低金利に、最近マイナス金利というもので、利率が0.001%。置いておくだけではなんともならないし、どうしたものか!?と思っていました。
最近、仮想通貨、正式には暗号通貨の投資というか、両替が新たな資産形成に良い!ということで、海外では注目をあびていますし、日本も最近、暗号通貨を「貨幣」に認定、決済手段に金融庁が法改正した。
イーサリアムという暗号通貨がセール時から35倍、暴騰止まらずの記事を目にした。
暗号通貨(Bitocoin)とは、「24時間いつでも世界中に」「非常に安い送金手数料で」「匿名で安全に」送金できる通貨で欧米では当たり前で、企業や投資家の参入が、あるということはそれだけ信頼が構築されてきているし、東京には、円とBitocoinを交換するATMも出てきたし、日本のグローバル企業でも取引をし出し、あのお堅いNTTも取引の参入。
好奇心があり、一度、勉強する価値は大いにあり、そして資産形成にどうかな?!ということで、来月に日本初の暗号通貨のセミナーがあるので参加する予定です。
老後をすべて国に面倒を見てもらおうとは、思っていないし、そもそも私たち50代前半の人間が年金がちゃんと貰える?!保障はないので、自己責任で資産を蓄える予定です。勿論、夫婦揃って一生涯現役で仕事をします!
戦前の貧しかった日本にはこのような制度はなく、親子、兄弟、親類、ご近所で助け合った。
話は逸れるが、これからの時代、愛し合い、支えあい、助け合う、人として、ファミリーとしての絆が大事な時代に入ってきましたね。
人には優しく、少しでも世間に貢献し、希望を持って、幸福な毎日を送りたいものです!
posted by jst-corporation at 11:04| Comment(0) | 日記

2016年02月13日

目指せ起業! 頑張れ企業家の卵たち!

約半年ぶりに投稿致します! 先日、ある方にブログの投稿止めたのと言われましたが、今日はシンプルな内容にします。
商売繁盛の勝利の方程式です!
1.何を売るか?!
2.誰に売るか?!
3.どうやって売るか?!
シンプルに考えましょう。まずは、日本人の多くはお金を稼ぐことに罪悪感を持っています。
なので、どうしたら稼げるのか!?を考えることです。
人の購買心理として、価格ではなく価値があれば、ダイヤモンド、高級外車に数千万でもお金を払います。
価値のないものには百円でも出さないと思います。
価値観を作り出す人がお金を手に入れる。
十年前以上は、都心や主要都市の駅前には、価値観を生まない小さな空地が点在していあたが、24時間コインパーキングをすることにより、価値を生む土地になったし、山の中の小さな村のお年寄りたちが、落ち葉を拾い加工して、料亭・旅館、雑貨メーカーに売り、付加価値をつけて事業にした例もご存じだと思います。
このように価値観を作ることが出来ます。
ある、有名な中華料理屋では、野菜炒め¥1500です。普通なら高いですが、価値観を作りだしています。
新潟県の田中さんが作った野菜で作り、その日の午前中に着いたものです。
田中さんの顔写真、畑の写真等も一緒に載せると親近が湧きます。有名なお店ですので、客層は良いので注文が多いようです。
あと、売上は価格×顧客数×リピート数ですが、唯一、自分たちでコントロール出来るのは価格です。
この商品・サービスはいくらで売るのか!?
自分でブランディングをする。価値観を創出する。
例えば、マッサージであれば、有名人御用達、良く利用するとか?!ある雑誌に掲載されたとか!?で価値観をつけることです。勿論、腕が良いのは当たり前ですが。
大都市の都心部では、数年前は30分¥6000でしたが、¥3980、¥2980と段々と値下げ合戦をしていて、業界全体の売上・利益が減り、潰れるお店もある。
単に安ければ良いというものではないと思う。どうやって売るか?!で安易な価格競争は良くないのである。
値段が少々高くても納得感を出す工夫を出すことが必要です。
あとは、顧客やお客様とのコミュニケーションをいかに取るかが、小さなお店や会社にとって大事なことだと思います。それはリピーターにするためです。
リピーターは、あなたのお店や会社をタダで宣伝してくれる大事な大事なお客様です。
売上はお客様から頂くのですから、お客様を一番にするのは当たり前のことですので、どんなものが欲しいのか?!を知る大いなるチャンスですし、どうやって売るのか?!何に納得するのか?!を知るヒントにもなります。
今は、ネット販売は当たり前になりましたが、買いに行く手間が省けるのが一番ですし、東京の有名店のお菓子でも、沖縄や北海道からでも取り寄せれますし、商圏が車で1時間のところでネットが全国となり、見込客が、数千、〜多くて数万、一気に数千万単位に増えます。
インターネットのお陰で普通の人でも成功できる世の中になりました。
価値観のある商品・サービスなら見込客が増え、売上客が増えます。簡単なことです。
今はインターネットを利用する価値が大いにありますね!
どうやって売るか!?
誰に売るか?!の基準が変わってきているようです。
まずは、確実にその場所で売れてくるとインターネットでも売れてくると思いますので頑張ってください!






posted by jst-corporation at 21:57| Comment(0) | 日記